Print Shortlink

将来性について考えてみる

 プログラミング言語の数はたくさんあるので、どの言語を学ぶかはエンジニアにとって悩みの種です。技術進歩の速いIT業界では、新たなトレンドに合わないプログラミング言語は淘汰されます。つまり、せっかく習得したプログラミング言語の需要がなくなる可能性があるのです。それを避けるために、エンジニアは将来性のあるプログラミング言語を学ぶ必要があります。そして、数多くのプログラミング言語の中で将来性を期待できるのがpythonです。

 pythonはアプリケーション開発やスクリプト作成などさまざまな用途に利用できますが、最大の強みは統計分析や機械学習に向いている事です。そのため、ビッグデータ解析を行うデータサイエンティストや人工知能の開発を行う研究期間などから需要が増えています。ビッグデータ解析も人工知能も注目度が高い研究分野なので、将来性の高さが期待できるでしょう。また、海外でpythonを利用した企業が増えている事から、日本でも需要が増える可能性が高いです。既にFacebookやInstagram、Googleなど海外のネットワークサービスがPythonを開発に取り入れています。

 このように、将来性を期待できるPythonはソースコードが読みやすいため、初心者にも優しいプログラミング言語と言われています。しかも、比較的新しい言語なので、更に発展する可能性があります。どの言語を学ぶか迷っている人は、Pythonエンジニアを目指しみてはいかがでしょうか。